1. 無料アクセス解析
カフェを作る
自宅にもカフェができたらなー。 そんなくつろぎ空間を作ります。 誰か遊びに来てください。

プロフィール

ばんぶ

Author:ばんぶ
インテリア熱高まったついでに
作っちゃった。てへ。


そういえば1年経ったんだなーって
時の流れの早さと
それでも上京してきた時と
なんら変わっていない自分


ここに書いている内容は
主にインテリアとか料理とか


京都にあるお寺で円通寺というお寺があります

比叡山の借景はもちろんの事
内装の茶の間はとても素晴らしいお寺です

そんな落ち着く空間を作りたい
そう思ってはじめたインテリアです

これから部屋をいじりたいなーって方
部屋いじり楽しーって方
参考になればいいなと思います




リンクはフリーです

さぁてモリモリ更新するぞーーー



ようこそ、カフェばんぶへ


無料カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター



カテゴリー



お友達

只のリンクですよ



インテリアショップ

B-COMPANY
salut!
BEAX-ARTS



カフェリスト

★mashman's★cafe★
cafe pause
Ben's Cafe



インテリア・料理サイト

HIRO HIRO'S 料理のページ



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デミグラスソース~後編


前編はこちら





作り始めたデミグラスソース

トマトピューレ入れ過ぎた感が否めないけど

まぁ、できるべ




んで、とりあえずレシピ

よく使ってるお料理サイトからのコピペで勘弁




弱冠自分なりのアレンジとか分量とか

どうにもならないこととか(食材とか香辛料のこと等)あるけん

あくまでも参考てことで利用させてもらってます





【材料】

牛すじ肉 250g
バター 100g
小麦粉 大4
赤ワイン(1) 250CC
赤ワイン(2) 150cc
コンソメの素 40g
トマトピューレ 300cc
にんじん 1本
タマネギ 1個
ニンニク 1玉
セロリ 1本
タイム 少々
ローリエ 1枚
水 1.5リットル
塩・胡椒・砂糖 適量



【作り方】



1.野菜は全て、ざく切りにする。(セロリは、葉の部分も入れる)牛すじ肉は、肉の繊維を切るように一口大にきる。ニンニクは、皮をむかずに横半分にきる。

2.フライパン(A)にバターを溶かし、小麦粉を入れる。(火は弱火で、こがさないようにね)
 しっかりと混ぜてると全体的にねっとりしてくるので、しっかりと混ぜましょう!茶色(焦げではなく)になったら出来上がりです。

ばたーとこむぎこ




2-1
大きな鍋(B)に水を入れて沸騰させ、コンソメの素を溶かしておきましょう!


コンソメスープ




3.2のフライパン(A)に赤ワイン(1)を入れる(少しづついれましょう)。火は弱火ね。。この時もしっかりと混ぜよう!目を離さないようにね!


ばたーとこむぎことわいん



どう考えても内臓とか何かそういうのを炒めてるようにしか見えん


4.3のフライパン(A)に2の鍋(B)のスープ(熱いうちに)を少しずつ入れてのばし、とろみが取れるくらいまでスープでのばし(全部でなくてもかまいません)、鍋(B)にもどして、トマトピューレを入れ、弱火でことこと。。。


すーぷでとく




ぴゅーれ




5.別のフライパン(C)に油大2を入れてニンニクの香りを付け、野菜を一気にくわえ中火でこがさないように炒めます。
タマネギがしんなりとしてきたら、4の鍋(B)にくわえる。


やさいいためる




6.野菜を焼いた後の5のフライパン(C)に油大1くらいを足して牛すじ肉を炒め、少し焦げめがついたら、4の鍋(B)にくわえます。
 フライパン(C)に残った油は捨てて、残った焦げ目に赤ワイン(分量別:少量)を少し入れて、4の鍋(B)に入れましょう。


7.4の鍋(B)にローリエ・タイム・塩・砂糖・を加え、沸騰するまで強火で煮る(アクはしっかりと取りましょう)。
 このまま鍋にアルミ箔で蓋をし、その上に蓋をして超弱火で5時間に込みます。
2時間くらいたったら、1度混ぜましょう!(あまりいじらないこと)



今ここ!!!!(午前6時現在)


やさいとにくにる





8.5時間くらい煮たらアクや油を取り除きます(しっかりとね)


9.別の鍋を用意し、8を裏ごす。これまた、しっかりと裏ごしましょう!うまみの成分を全部出すつもりで!


10.フライパンに赤ワイン(2)150ccと砂糖大1(ハチミツでもいいよ)を入れて火にかける。沸騰させて煮詰め、カラメル状態にする。
 これを8の鍋に加えよく混ぜる。


11.10を塩・胡椒で味を調える。完成!(とろみを付けたいときは煮詰めましょう)





学校に行く前にアクだけとって

帰ってきたらもう一度煮詰めなおしかな…



スポンサーサイト

デミグラスソース~前編





今午前4時前

今日は9時から学校に行かなきゃいけん日




3時頃、急に目が覚めて

このまま寝てしまうのが怖くて起きている事に…

昼には帰れるから

寝るのはそれからやなー…ってね




そんなもんで

する事ないから

料理でもしながら勉強しようかなって

さっき西友まで買出しに行ってきた




セロリとトマトピューレと玉ねぎと牛肉とローリエとにんじんと

珈琲豆(切れてた)と赤ワイン(何故かなかった)




さてと…やりますか…

デミグラスソース作り




暇があればやろうやろうと思ってたけぇね

きっかけは再放送のランチの女王です




まさにきっかけはフジテレビ





池袋~cafe pause





最近、カフェ歩きしてない

そんな暇ないお金もない

そんなわけで近場の池袋でごめんち




cafe pause




ジュンク堂の角から入って70mくらい歩くと見えてくる

縦に書いた「CAFE」の文字




学校帰りに通ったりする道だったりするから

ずっと気になってて

先日後輩との待ち合わせで利用

最初に行くカフェって緊張するよね




こういうカフェに

僕は珈琲の味を求めてたりはしないのだけど

ここは注文してから豆挽いて

きちんとドリップしてくれてるみたい

カフェラテ注文したら結構美味しくてびっくりした

また行こうかね




できればジュンク堂で

本買って読んでたいような

そんな落ち着いた雰囲気のお店でした




店内にギャラリーあって

アート系のカフェなんよね

ポップなオモチャとか置いてたりね




今度は夜に行きたい





森見登美彦



好きな作家の紹介も兼ねて

本の紹介




まだ引越しする前

近所の本屋さんで手に取った

黄色い表紙に黄色い熊の絵の書いた本




四畳半神話大系





なんてふざけた本だ

そう思ったけど

読み始めると所々に笑いが

散りばめられてて

しかも書いてるのが当時京都大学の理系大学院生だって話で…




違った世界を見せてくれた一冊




まぁ、実際ふざけた本だけど

実はこれが二作目だって聞いて

デビュー作も買ってみる

うん、これもヒット

賞取ってるだけはあった


太陽の塔






んで

そんな本との出会いから数年

著者の修論が忙しいのか、はたまた物語の主人公と同様

引きこもってるだけなのか

しばらく新作が出ることもなくて






ついこの間

ふらっと立ち寄った本屋に平積みされてて

まとめて買った読んでない3冊




きつねのはなし





ホラー

不気味な雰囲気漂う本

四畳半神話体系とか太陽の塔とかその二冊と違って

笑い一切なし

タイトル見て冷静に考えればわかったはずやけど

今までの話から比べると…ね

いや、普通に読んでて

ソファの後ろに誰か立ってるんじゃないかってね

そんくらい怖い






夜は短し歩けよ乙女





元気が出る一冊

アジカン好きな人はわかると思うけど

表紙のイラストは中村佑介

サークルの後輩に恋する男の子の話

2人の周りを取り巻くキャラクターが個性的

たぶん主人公よりも周りのキャラクターが面白いと

文章が締まるのかなーって思うしね

風邪引いて誰か看病してくれるって素敵なことや思う



ラストに出てくるカフェとか

ブログの相方のまさあきが相手してくれん日に

1人で行ってたカフェだったりして

ちょっと今日と知ってる人は読みやすい


ここでちょっとだけ立ち読みできるよ→夜は短し歩けよ乙女






新釈 走れメロス 他四篇






純文学の中でも主に短い作品をパロディ化した本

特に走れメロスの展開は良かった

元ネタも読んでおかんとね





------------------------------------------------


五冊紹介したけど

ちょっと暇あれば読んで欲しいよね

あまりに馬鹿馬鹿しすぎる内容が多いけど




ちなみに著者は京都大学の大学院を出て

就職することなく

そのまま作家として生計を立ててるのだそう…



マジックリアリズムっていわれる手法を用いた

文章力や発想力は

ここ最近出てきてる新人作家の中じゃ群を抜く…らしいよ



読んでていつも感じるのが主人公が読者に似てるってこと

「何でこの人はこんなに自分を知ってるの??」って感じる

自堕落な大学生がそのまま書かれてるから

そう感じるだけなんかな…






ちなみにはてなダイアリーにブログがあった

この門をくぐる者は一切の高望みを捨てよ


トイレをいじってみたりする





たぶんトイレのこと書くのは

これが最初で最後




ってのは

ようやくトイレのインテリア完成したから

ちょいちょいいじるかもしれんけど

もう大きな変化はないと思われるから




トイレとか

最初はいじるつもりはなかったんけどね

去年の夏くらいに

すだれを部屋の壁にかけようと思って

100円均一で4つばかり買ってて




そんで

いざ部屋に配置してみると

値段だけあって安っぽさが目立つからって

しばらくその辺に放置…

6月くらいにうちに遊びに来た人は知ってるかも…




そんなもんで

捨てるのも、もったいないなーって




4つのすだれをトイレの壁と天井にぶら下げて

ポストカードをクリップで留めてみたりして

すだれの安っぽさを消すために

照明の色を赤とか青とか色々試行錯誤して

トイレに間接照明つけてみたりして






9月頃



こんな感じ





ただね

これだと床の青いタイルがどうもね…



床に人工芝を植えるか

ウッドデッキのパネル敷くか



どうにかして

青いタイルを隠したかったわけ



んで

磨き石でも敷いてみるかって

石を買うなら

近くのホームセンターとか普通は行くとこなんけど

校外向けの店舗が

繁華街の外れにあるような僕の家の近所にあるはずもなくて…




どうしよーって途方にくれてた矢先に

ネットで売ってる事に気づく(遅い)




んで

早速楽天で注文

昨日の夜に電話かかってきて

「配達に来たんですけど今家にいますか??」って




でもバイトの休憩時間やったりして

「あー、受け取れないですわー」ってね




うん…電話の向こうの声がかなり不機嫌なのね…

だって30kgの石だもん

車止めたとこから僕の部屋のドアの前までかなり距離あるもん




そんで

注文した玉砂利が今日の朝出かける1時間前くらいに届いた



砂利



段ボール箱で来るかと思ってた





そんなこんな

お決まりのBEFORE&AFTER

あ、床だけね






((BEFORE))


BEFORE







((AFTER))


トイレ床






やりたかったようにできた気がする




あとは学校帰りに学校側のオリンピックで

ウッドデッキのパネルをいくつか買って

用足す時に足が痛くならないように敷いて完成




夜はこうなる



※写真が暗いのは夜だから





これからトイレの時間が長くなりそうね…

木材買ってきて本棚とかつけてやろうかしら




そういえば

排便、排尿は2,3分で済ませるのが理想的らしい

肛門は血行が悪くなりやすいから

冷やすと良くないってさ



忘れていた痔の再発か!?



ローテーブル②

そんなもんで

部屋のど真ん中に置きたいテーブル




都内のあちこちのお店回って

探してみたけどなかなかなくて



一応、記憶に残ってる範囲で

他に回った店のリンク貼っておくと



((新宿))

BoConcept

ここはオススメ
デンマークの高級家具扱ってるお店

ちょっと値段ははるけど
仕事始めてお金できたら
この家具置きたいーってのがたくさんあって
新宿をプラプラする時には立ち寄ってたりね



ACTUS


この前よしいちゃんがブログに書いてたけどね
北欧家具やけど
デザイナー家具扱ってるみたい

最初は京都の店舗に行ったりしてて
新宿にあるって知っていった気がするー…


KEYUCA

三越アルコットの5Fにある
小物とか充実してるし

どこかのオシャレなカフェに
置いてありそうな家具とか雑貨とか扱ってるぽい



なんとなく
恵比寿とか代官山とか目黒とか歩いてみたものの
たくさんありすぎて
どこがどこだかわかんないとこあるから
リンク貼れないっす…ごめん




そんなもんで学校帰りとか
どこかに出かけるたびに
テーブル探して歩き回ってたけど
やっぱりしっくりこんくて(値段とデザインとのバランスってやつね)



じゃあ、作るかーって
とりあえず
SMARTだとかなんとかの
インテリア系雑誌をいくつか買ってみる



smartインテリアBOOK (2007年春号)


こんなんね


こういう雑誌ね、一応
手作りインテリアのコツとか載ってるから参考にはなるよ


そんなもんで
まずはデザインから


大まかな外観とかそういうのを
授業中にノートに書いてて
ヒマな時に大学の製図室借りて設計


そんなもんで
必要な資材のパーツ把握したら
今度は新木場へ


設計図持って
駅から1番近い木材扱ってるお店に入り
設計図を見せる



お店の人「この最後のパーツだけでいいの??」

僕「そうですねー」

お店の人「若いけど学生さん??」

僕「あっ、そうです」

お店の人「これ、課題か何か??」

僕「あ、そうです」(嘘八百)

お店の人「頑張るねー、じゃあ、廃材から切ってくるからおまけするよー」

僕「マジですか!!!!」




うん、嘘ついて廃材分はただでもらったよ
天板のお金とカット料しか払ってない


そんなもんで
木材集まって、今度はアクリル板


はざい屋


ここが安いみたい


注文したサイズが
600×900×5なんけど
東急ハンズで値段調べたら9000円



ここで買えば4000円弱



そんなもんで

安くできるところを
とことん安くしていって
かかったお金が5000円越くらいっていうね



またここの店使って棚とか作ろうかと考え中



そんなこんな
たぶん1番時間のかかったのは材料集めで
組み立てたのはほんの1時間くらい


あ、組み立ては両面テープと電動ドライバーあるとラクよ◎





ローテーブル




テーブル完成



自分で作るの楽しいと思う




トイレのインテリアを完成させるために
ようやく石材とか買ったー


ホームセンターとか周りないけん
結局楽天ショッピング


届くの楽しみー


ローテーブル




とりあえず

引越してから3ヶ月くらい




ソファが揃って

本棚もカラーボックスに適当な穴開けて

棚を増やして

自分の使いたいようにカスタマイズ




あとはテーブル欲しいなーってね

さすがに炬燵テーブルは部屋にミスマッチかなーってね




B-COMPANYなんかは手頃な値段で

オシャレな家具扱ってるから行ってみたりする




でもね

大きめで自分のくるぶしよりも

5㌢くらい高いローテーブルなんてどこにも置いてないのな

置いてあってもめっさ高かったりするん

5万とか6万とか




適当に安いの選んで足の長さを変えてしまおうかとか…

もちろんノコギリで…




さすがにそれなりに高いテーブルを買って

その日に傷つけるようなアホな真似は僕にできなくて

(もしかしたら足の長さ間違うかもー)

他の店も回ることに…




ハンズに置いてあったちゃぶ台で

天板の大きさと高さを変えられるやつが

あってちょっと欲しくなったりね




角型のちゃぶ台やけど

7000円くらいだったはず…結構安いと思う…

誰か買ってみて




そんなもんで

自分で作ってしまえば自分の好みに合う家具が

手に入るんじゃないかって




ちょうどこの頃から

自作の家具に目覚めるようになる…




テーブル探しは続く…



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。