1. 無料アクセス解析
カフェを作る
自宅にもカフェができたらなー。 そんなくつろぎ空間を作ります。 誰か遊びに来てください。

プロフィール

ばんぶ

Author:ばんぶ
インテリア熱高まったついでに
作っちゃった。てへ。


そういえば1年経ったんだなーって
時の流れの早さと
それでも上京してきた時と
なんら変わっていない自分


ここに書いている内容は
主にインテリアとか料理とか


京都にあるお寺で円通寺というお寺があります

比叡山の借景はもちろんの事
内装の茶の間はとても素晴らしいお寺です

そんな落ち着く空間を作りたい
そう思ってはじめたインテリアです

これから部屋をいじりたいなーって方
部屋いじり楽しーって方
参考になればいいなと思います




リンクはフリーです

さぁてモリモリ更新するぞーーー



ようこそ、カフェばんぶへ


無料カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター



カテゴリー



お友達

只のリンクですよ



インテリアショップ

B-COMPANY
salut!
BEAX-ARTS



カフェリスト

★mashman's★cafe★
cafe pause
Ben's Cafe



インテリア・料理サイト

HIRO HIRO'S 料理のページ



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



最近の記事



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


引越し②






引越しも無事にすんだはいいけど

後始末って言うのがあって





旧居の掃除




それとライフライン停止の手続き

住民票の移動

その他もろもろ




うん、思いついたときにやらなきゃダメね…




全く忘れていて

とにかく荷物の整理に追われてて

手帳にやるべきことは書いてあったものの

何もせず…




いざ大家さんに鍵を返しに行く日に

慌てて水と電気とガスを止めた

あとついでにネットも…




ネットはケーブルテレビやったけど

自分でモデムとかケーブルテレビのチューナーとか

近くのケーブル局まで返しに行ったりね




んで

気づいた事の1つ




部屋でタバコを吸ってたから

多少ヤニが壁中にくっついてるだろうなーって

敷金礼金も戻ってこないだろうなーって

半ば諦めてて





でも壁のヤニは落ちるのね





通称:マジックパウダー

   炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)

   


またの名を重曹と言う…

これを適量雑巾に降りかけて

壁こすったりね…




うん、真っ白になる

茶色かった壁は元通りになる




でもね

ヤニよりももっとめんどくさいのが電気焼けなのな





引越す前に

バイトの先生に電気焼けしてるだろー??って言われてて

まさかー…なんて言ってたけどね






いざテレビ運び出したら

ちゃっかり焦げちゃってたからね

ヤニとか目じゃないくらい目立つからね

重曹をもってしても白くはならんからね






今、1人暮らしで壁とテレビがくっついちゃってる人

すぐ離したほうがよかよ

もしかしたら手遅れって事もありうるけどね





うん、新居に越してきて

電化製品は壁から5㌢は少なくとも離して置いてる…






人間は失敗から多くを学ぶものです




スポンサーサイト

引越し①



12月に引越しするってなって

家も決まったから




まずは4年間お世話になった家の大家さんとか不動産屋さんに

連絡して

かぎ返したりしなきゃいけない

ライフラインの停止もしなきゃいけない

引越しは自分達でやるのか、業者に頼むのか…




やること山積り

そんな中、祖父の訃報を聞く

宮崎と熊本と東京を行ったり来たりしながら

引越しの準備





両親が敷金礼金は出すから

引越し代は自分で持ちなさいって

そんなわけで

先輩に頼む事に…





これを機に色んなもん捨てちまおうって

大掛かりな物整理

寝るとこないくらいに部屋が余計に散らかって

段ボールは買わずに近所のスーパーにもらいにいって

エアキャップなんかの緩衝材は

近所のヤマトに譲ってもらいにいって(一時期短期のバイトしてた)





たぶんガソリン代と先輩に奢ったご飯代と

ガムテープ代しか、かかってない引越し





4年前、布団とこたつ持って上京してきたのに

玄関やロフトに積み上げられた荷物の量が

4年間という時間の長さを感じさせる





先輩の車が軽自動車ってこともあって

さすがに1日じゃ終わらないってことになって

2週間に分けて運ぶ事に





時間はかかるけど

衣類はボストンバッグに詰め込んで

平日に毎日運んでたりしてて

なんとか10日間かけて終わらせた引越し





業者に頼むとしっかり梱包してくれるし

もし万が一物に傷が入っても保険が降りるから

それはいいんだけど

何しろ料金がハンパない…

安くても5,60000かかるなって…





そんなわけで僕は自分で

梱包から積み出し、積み下ろし、開梱までやったけど

実際、引越しにかかったお金は10000円弱





日雇いや引越しのバイトで梱包の仕方は一通り覚えてて

なんとかなったけど

別に覚えなくても

入念にやっちゃえばいいわけで

僕は引越しは自分でやることをオススメします

軽トラ、レンタしてもいいわけだしね(マニュアル免許いるけど)





引越しのコツは

まずは捨てる事





衣装ケースから4年前の服とか出てきて

即行ゴミ袋行き





粗大ゴミは

たまに近所を回ってるリサイクル業者に引き取ってもらったりね

たぶん市区町村の粗大ごみ収集よりかは安い




洗濯篭とか物干しとか

かさばる上に後で買い揃えればいいやっていうようなものは

全部捨てちゃったほうがはかどるしね





僕は片っ端から捨てた人



家探し⑦




物件巡り3件目



今度は自分が見たいって言い出した物件



1つ目は

東池袋



家賃は62000

7畳半+5畳のキッチン  1DKタイプ




ここからかなーって

大通りに路上駐車

担当さんにくっついて歩いて歩くお寺の裏




うわー、お寺の裏側かよー…とか思いつつ

実際木で遮られてお墓は見えなくて

空き地の向こう側の塀を指差して




「たぶんあの家ですねー」って

「築年数不明ってなってたんで期待しないでくださいね。たぶん汚いんで…」って



相変わらずのぶっちゃけっぷり…



塀の向こう側に窓が全く見えんくて

うわー…あの塀結構高いんじゃね??

日当たり良くないだろー…思いつつ




いざ家の前に来ると

古い木でできた門があって

「え??ここからですか??」って




大家さんの家と同じ入り口使って出入りしなきゃいけないらしい…




「防犯は下手なオートロックよりよさそうですね」って担当さん




部屋の鍵開ける前に

「たぶん、中はやばいんで期待しないように…」って念を押される




いざはいってみると

しっかり内装されてあって

全然そんなことなくて

外見と違って

中はとてもキレイ…




「ここはしっかり手入れされてますねー」

「日当たりもやばいかなーって思ったらいいですよ、ここ」

「大穴でした。ハハハ」




とても嬉しそうな担当さん

うん、ここは僕も気に入ったのね

つーか今住んでるところなんだけれど…




そんなもんで

他の物件見に行ってもそんなにぴんと来るものがなくて




担当さんいわく




「あの物件は大当たりですよ。なかなかあの家賃であの広さと収納の多さはないです」って

「最初に見せたのはまずかったなー」って





もしかしたらのせられてるのかなって思ったりもするけど

実際前の家が

収納スペースゼロっていう使いにくいものもあって

ものが散乱しがちやって





台所にも玄関にも居間にも収納スペースが

たくさんあるって言うのは本当に嬉しい





そんなわけで

敷金礼金3か月分と家賃1か月分納めて

引越し決定




実際今の部屋の条件で

家の近所で部屋を探すとやっぱり

70000~80000くらいはかかるみたい




そういう意味じゃよかったのかなーって思う

家探し⑥




物件巡り2件目




ここも担当さんは行ったことなくて

外回りのついでに

把握しときたいらしい




間取り図見る限り

部屋の形はいびつでも広い

畳数にして8畳とか




でもたぶん住み始めたら困るであろう

中途半端な五角形

ホームベースみたいなね…




そんで1番気になったのは

風呂場が部屋の中にないってこと

間取り図見ててベランダが広いから

不思議だなーとは思ってたけど




その部屋だけ

何かのミスで

浴室がべランダにあるのね





風呂はいるのに一度裸で外に出て

温まって

また外気に晒されるのか…





露天湯気分は味わえそうだがいらない機能だなって…





僕「これ湯冷めしますね…」

担「面白いですね」

僕「まぁ、屋上は独り占めですね…」

担「初めて見ましたよ、こんな部屋…」

僕「あっちのマンションから風呂入るところ丸見えですね」

担「ホントだ…」





それでいて家賃は70000円台とちょっとキャパオーバー

ベランダの広さにちょっと惹かれたけどね





不動産って結構面白い





家探し⑤

ちょっと話がずれるけど

前回の安い家賃の裏の話について




京都の友達の話




そいつは

引越しをするとき

安くて広い部屋にしようって

言ってたらしくて不動産屋めぐりを始めたらしいのね





どうにか見つけてきた

1人暮らしには広すぎる2DK

その割に破格の家賃




あー…なんかあるんだろうなって感じはしてたって




実際に物件を見たときに

2部屋とも日当たりは同じくらいだけど

片方は明るくて

もう片方はどこかどんよりしてたって




まぁ、仕方ないかって

広いし…

こっちの明るい方で生活すれば問題ないだろうって

その友人は部屋を決めてしまったらしいのね





いざ引越してきて

生活するにも

暗いほうの部屋には荷物を置いたり

あまり入らないようにしてたらしいけど

なにやら身の回りに不思議な事が起こり始める





天気予報が晴れでも

家を外出しようすると必ず雨が降ったり

洗濯ものを干そうとすると天気が急に悪くなったり




とにかくマイナスマイナスでいろんな事が起こる

やっぱりいるんだろうなーって

日に日に家から出ない生活になってきたって




これじゃーやばいなって

あるとき思い立って

高いお金を払って霊媒師を呼んだらしいのね




霊媒師「あー…いますね…」



やっぱりか…って友人は思ったらしい



友人「いますかー…こっちの部屋ですよね??」



そいつは暗いほうの部屋を指差して言ったらしい

すると霊媒師は首を横に振る



霊媒師「いいえ。こっちの部屋ですよ」




霊媒師が指差したのは

普段彼が生活してる明るい部屋のほうだったらしい…




一緒に生活してたのね…




そのまま浄霊してもらって

そいつは今もそこに住んでいる…

あ、家賃は変わってないらしいよ




でも引きこもりの生活からは脱出できたらしい…

家探し④


しっかりした不動産屋だと

扱ってる物件も多くて

車で見て回ることもできる




担当さんと車であちこち回る




1つ目は

その日見つかった物件

間取りは10畳+6畳キッチン

家賃も65000円




そんなに広くていいのー??

なんか出るんじゃないのー??




そんな心配もあって担当さんに聞くと

「いやー、まだ新しいらしくてまだ僕も見てないんです」って




要するに

ちゃんと自分の希望伝えて粘れば

いい物件出してくれるってこと





そんなんで

覗いた1件目…

大家さんもここに決めてくれーみたいなね

外見はオフィスビルの一室みたいな感じ





部屋に入ってみると

天井の高さが180くらいしかないのな…





台所の高さは普通なんやけど…

奥にあった部屋は畳が敷いてあって

床で生活すれば

閉塞感なく暮らせますよーみたいなね…





僕「ここ…なんか変ですね」

担「天井低いですね…ハハハ」

僕「首痛くなりそうだ」

担「ここは止めたほうがいいですよ」

僕「ですよね…」

大家「・・・・・・」




仲良くなると

大家さんの目の前でぶっちゃけちゃう担当さん




大家さんに話を聞くと

倉庫として使ってたのを住宅に改造したとか…

床上げしすぎて天井が低くなったのね…





妙に安い部屋は絶対何かある

実際間取り図だけじゃわからんこともたくさんあるし

外観とか

南向きだけど窓開けたら大きな木やビルが立っていて

日当たりは良くないとか

実際行くのはホントに大事





①以前殺人事件が起こったとか

②前の住人が自殺したとか

③隣にヤクザが住んでいるとか

④実は壁がごく薄だとか





①、②に関しては

不動産扱うための法律として

事件が起こったらその事を伝える義務が不動産屋側にあって

確か「仲介業者の借主への事前説明義務」とか

ある期間をすぎるとたぶん何も言わなくなるから

なんか怪しいなーって思ったらちゃんと聞かなきゃいけんみたい






特に怖いのが③だと思うのね

一応説明しなきゃいけんらしいけど

不動産屋側にしてみればなるべくマイナス要素は隠すから

聞かなきゃ答えてくれない





④に関しては住んでみてからじゃないとわからんけど

その辺は後々のインテリアのところで…

僕の家は家賃が安い代わりに

壁が薄いー…






家探し③

そんなもんで

家探し




上京してきて

家見つけるときは

とりあえず学校でなんか家探しのイベントやっとるっていうから





この物件いいですよって

薦められた大学まで近い物件が

他にも見てみたいって言った2時間後に契約決まったとか

不動産屋さんと何故か所沢まで無言の電車旅したとか

車であちこち回ってて不手際がやたら多くて

僕もイライラ担当の人間もイライラしたとか




家探しがかなりめんどくさくなってた




初めは宮崎県民寮に2年間住むつもりやって

受験の合間合間に県寮の面接とかも地元で受けてて





寮監「寮内は禁煙なんですが、あなたの部屋の相方が部屋で吸い始めたらどうしますか??」

僕「とめますよ。タバコ嫌いなので」

寮監「本当に言えますか??」

僕「いいます。」

寮監「言って喧嘩になったらどうしますか??」

僕「喧嘩の理由が馬鹿馬鹿しいと感じるので僕は手は出さないと思います」

寮監「どうしてそう思うんですか??」






まさかの圧迫面接…

まだ高校3年生ですよー…






何も準備してないため

すげーテキトー…






「大学は東工大に行くの??」

「はい、第一志望はそうですね」

「早稲田と慶応と理科大も受験するみたいだけど」

「もし第一志望に落ちたらどこに行くつもりなの??」

「早稲田です」

「でもまだ決まってないんだよね?」

「そうですね。これからです」

「もし全部落ちたら??」

「浪人でしょうね」

「浪人したらどこ目指すの??」

「東大ですかね…」

「理科大なんかうちから歩いていけるよー」

「あ、そうらしいですね」






志望校までぐだぐだ問い詰められて

「なんでこの大学に行きたいの??」とか

入寮に関係ねーだろーって…

別にどこだっていいだろーって…







うん、やっぱり落ちた







推薦で決まった人から優先的にとるらしく

しかも国立大学の人がもっとも優先されるってね…

僕みたいな私立に引っかかった人間は

まっさきに外されるのな





ちなみに県民寮

場所は都心部の都心部、市ヶ谷

どこの大学に進学するにしてもラッシュに巻き込まれない

今の大学なら自転車の距離

物凄く利便性は高かったのね





そんで

基本的には2人部屋

1年過ぎれば人数が半分に減るから

1人部屋もらえる可能性もあって

部屋代も朝夕の食事もついて月1万くらいって話






風呂とトイレは共同だったりするけど

水虫うつるって…担任が…




家探し②


「和室がやっぱいいですよー」って

ゴリ押ししてたら

担当の人が先に折れて




「じゃあ、僕も探してみるんでこのファイルから

 気に入った物件探してくれますか??」って




例の分厚いファイルが2つ僕の目の前のどーーーん…




ここから探すのかー?って

ちょっと多くないかー?って



一枚ずつめくって見ていく…




二つのファイルから出てきた候補の物件は3つ



①8畳1Kタイプの家賃は65000円、南向きマンション3階
 
 風呂トイレ別  場所は茗荷谷

②7.5畳+5畳1DKタイプ 家賃は62000円、南向きアパートの2階

 風呂トイレ別  場所は東池袋

③6畳+5畳+3畳1DKタイプ 家賃が55000円、南向きマンション1階

 風呂トイレ別  場所は立教大学の裏




んで担当さんが見つけてきてくれたのが




④6畳+3畳の1DKタイプ  家賃が60000円、南向きアパート2階
 
 風呂トイレ別  場所は雑司が谷(迷路)  





とりあえず、年内には決めますから

色々見て回りたいですって伝えると

それじゃあ、今日はまだ鍵が手元にないので

来週の月曜日、来れますか??って





そんなもんで

来週の月曜日

不動産屋に行って

またファイル出されて




「他に見るとこあればこんなのも出てきたんで

 時間はたくさんあるので

 ここも今日回っちゃいましょう」




結局物件巡りの件数が6件とか…



家探し①

大学まで自転車で通える距離

つまりは

新宿~池袋間で部屋探し




条件としては

日光+和室+収納スペース

家賃の上限は65000

古さは気にしない




入学時に探したときは西武新宿線沿いを中心に

そんなわけで大学の側をあまり回ってないため

全く相場がわからない

イメージとして70000~




部屋があったとしても

ものすごく狭いのかなーって

1人暮らしの部屋やし

少なくとも6畳は欲しいところなんけど




もしかしたら風呂なしとかになるかもーなんて…




そんなもんで

たまたまふらりと足を伸ばしてみた

池袋西口にあった不動産屋に入ってみたりする



マイルドシティ



なぜ西口に出たかは

たぶん上京した時に候補に考えてた

昭和風のオンボロアパートがまだ残ってるかなーとかそんなもん




その部屋は風呂なしだったけど

徒歩2分で銭湯があって

部屋はものすごく広かった




そんなレトロなアパートに住んでみたいとかいう

アホな幻想を担当の人に言う(名前忘れた)




僕「和室がいいんですよ」

担「いまどき珍しいねー、あるかなー…」

僕「あと日当たりですかねー…」

担「そうかー、多少古くなるけど大丈夫??」

僕「それは気にしないです。むしろレトロな部屋がいいです」

担「ははは、変わってるねwww」




そんな感じ分厚いファイルに

はさんであった間取り図をいくつか出してきて

「こんな感じはどう??」みたいなね




出された物件に初めは和室がなくて

家賃は70000円代

日当たり良好やって




うん、不動産屋のよくある手口

ここいいよーって興味を他にそらせるってやつ




僕「いやー、やっぱ和室がいいですよー」って

担「なかなか最近は和室は建たないんだよねー」って




譲らない譲れない



和室出せーーー!!!!




どうなる僕の家探し


       (次回に続く)

初めに

インテリアはじめようかな…
そう思ったのが2005年12月


引越しを機会に部屋をオシャレに改造していこう


前の家は収納スペースがなくて
部屋はゴミ屋敷


まずは収納のたくさんある部屋にお引越し






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。